カテゴリー
ダイエット

プチ糖質制限と「サラダ+豆腐+鶏むね肉」ダイエット

○不規則な食事時間と、バランスの悪い食事
仕事の都合で夕食が遅く、さらに時間が不規則になりがちで、忙しい時は22時を超えることもありました。
夜が遅いと夕飯を作ることも億劫になりますよね。
そうなってくると夕飯は閉店前のお店で買ったお惣菜をテーブルに並べてしまいがち。

グラマラスタイルを辛口評価!私の口コミと使用した効果をご紹介!

こういったお惣菜は自然と揚げ物が増えるわけで、高カロリー、高脂質、21時を超えた食事と「太る3大要素」を満たしていました。
そんな毎日を過ごしているうちにどんどんと私の体重は増えていきました。
○ダイエットの決意とダイエットの悩み
高校生の頃は80キロだった私がいつの間にか3桁間近に!!!

健康診断の結果でも高血圧に肝臓の数値も悪く、コレステロールの値も悪い。
これでは生活習慣病まっしぐら。いつか病気になると、ダイエットを決意しました。
かといってハードな運動は苦手、食事を減らすとお腹が空いて、ついついお菓子に手が伸びてしまう
今まで幾度となくダイエットを決意し、失敗してきた私が「唯一」成功したダイエットについてお話ししたいと思います。

○満腹感と食事のバランスの両立
まず流行りの糖質制限ダイエットを取り入れることにしました。
ただし、すべての食事から糖質を抜くのは逆に危険と聞いたので、3度の食事の中で一番脂肪に変わりやすい夕食の糖質を制限することにしました。
ご飯やパスタ、麺類は極力避け、食物繊維を多くとるためにサラダをたくさん食べるようにしました。
しかし、糖質を抜いてサラダを食べるだけでは満足感がなく、お腹が空いてきてしまします。
そこで満腹感を追求するために豆腐を食べるようにしました。
豆腐は水分が多く、たんぱく質もとれる上にお腹がいっぱいになる便利な食材。
豆腐を取り入れることでお腹を満たすことができるようになりました。

○ここで問題が、、、
満腹感は手に入れたものの、毎日サラダと豆腐ではさすがにおいしい食事とはいえません。
そこで目を付けたのが鶏むね肉。
高たんぱく、ヘルシーなのにさらに満足感が増やせる。
しかし、鶏むね肉はパサついておいしくないイメージがありますよね。
調理法によってはパサつきを抑え、揚げ物のように高カロリーにならずに満足できるんです。

○鶏むね肉の調理法
今回紹介させていただくのは「鶏むね肉の焼肉」と「ゆで鶏」。
どちらもシンプルで簡単なのでぜひ真似してほしいと思います。
「鶏むね肉の焼肉」
鶏むね肉から皮を取り除きます。
(鶏皮は包丁で小さく切ってフライパンで乾煎りし余分な油分を飛ばしてサラダにかけると香ばしさもあがっておいしいです。)

1センチ程度のそぎ切りで切っていきます。
切った鶏肉をビニール袋にいれ、片栗粉を大さじ2~3杯入れて振りまんべんなく片栗粉を付けます。
少量のサラダ油を引いたフライパンに鶏肉を並べ焼いていきます。
片面に焼き色がついたら裏返して弱火で5分間蓋をして蒸し焼きに。
蓋を開けたら市販の焼肉のたれを回しかけてたれを絡めたら完成。

「ゆで鶏」
大き目の鍋にお湯を沸かし、沸騰させたら皮を取り除いた鶏むね肉を入れます。
再度沸騰したら火を止めそのまま余熱で火を通します。
粗熱を取ったらタッパーなどに移して冷蔵庫で保管しましょう。
ほぐしてサラダに乗せて食べるとさらに満足感が上がります。
○この食事を続けるだけで
高たんぱくで食物繊維の多いこの食事のおかげで少しずつ痩せていき、今では高校生の時の体重を超えて75キロまでダイエットすることができました。
鶏むね肉のレシピはほかにもたくさんあるので、ほかにもチャレンジしてみるのも面白いと思います。
皆さんもお試しあれ。